Serendipity

占いとかは全く信じないし、血液型とかすらほとんどアテにしない自分だけど、
起業してからというもの、どうも運命とかそういった類のことを感じることが多い。
カッコいい言葉でいうと、セレンディピティ(Serendipity)とでもいうのだろうか。

Wikipediaによれば、セレンディピティとは以下のような意味だという。

「ふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力のこと」

つい先日、理事メンバーで早朝ミーティングをしていたときのこと。
そろそろプレスリリースも打つし、メディアの人に知り合い増やさないと
いけないよねという話をしていて、その日はずっと「よし、メディアの人に
知り合いつくるぞ!でも、うーん、どうしたもんか…」と頭の中で念じていた。

すると、その日だけでホームページの問い合わせ窓口に、計3人ものメディアの
方からメールが届くという事件があった。今までメディアから問い合わせが来る
なんてことはほぼなかったわけだから、これは明らかに異常な出来事だった。

それ以外にも、「こんな人に会えないかなぁ」と思っていたら、信じられないほど
運命的すぎて叫びたくなるような出会いに恵まれたりすることも、すごく多い。


これって、何なんでしょ。

きっといくつかの要素が絡まってセレンディピティなるものを感じるんだろうけど、
思うに、強い想いを持っている状態だと色々なことを都合よく解釈するから、
普通の人にはなんの変哲もないことだって「感動」しやすくなるんだと思う。

だから、夢がない話に聞こえるかもしれないけど、セレンディピティってのは、
僕には、「幸運を掴みとる能力」というより「幸運だと感じる能力」に近い気がする。

でも、よくよく考えてみると、こういう状態はすごく幸せな状態だとも思う。

ある強い想いを持っていると、色々な出来事を自分の想いと紐づけて考えられる
ようになるわけで、そうすると、新聞を読んでいても人と話していても、
些細なことに気付いただけで、信じられないような大発見をしたと感じてしまう。
人との出会いなんて、ほとんどが運命の出会いだと思えてきてしまうのだ。

これって、すんごく人生を楽しくしてくれるんです。


…というわけで、僕、いま、毎日がとても楽しいです。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。