El Sistema

サンフランシスコに住む知り合いに、あるNPOの存在を教えてもらいました。

南米ベネズエラ発祥のNPO、El Sistema(エル・システマ)

ここのNPOがやってる活動が、本当に素晴らしいです。
貧困層の子どもたちの健全な成長のための活動をしてるんですが、
その手法は、なんとクラシック音楽です。

ホセ・アントニオ・アブレウ

「音楽を通して子どもたちを変え、家庭を変え、そして地域/社会を変える」

経済学者であり、そして音楽家でもあるホセ・アントニオ・アブレウ(上の写真)の
そんな愚直な想いで1975年に始まった取り組みは、
今やベネズエラ中に102のユースオーケストラ楽団を持つに至っており、
これまでに25万人のベネズエラの子どもたちの人生を変えてきました。

また、El Sistema出身の音楽家の活躍も目覚しく、グスターボ・ドゥダメルという指揮者は、
今年からロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任しています。
(ボクにはそれがどのくらい凄いのか分かりかねますが…)

『El Sistema』を紹介したCBSのドキュメンタリー(約12分・英語)

ぜひ、このドキュメンタリーを見てみて下さい!
スラムの細い道で女の子が奏でるバイオリンの音色が、胸を打ちます…


↓グスターボ・ドゥダメルが指揮する演奏の模様




なお、El Sistemaの生みの親、
ホセ・アントニオ・アブレウの下のスピーチも素晴らしいです。必見!

2009年TED Prize受賞スピーチ(日本語字幕選択可)


このEl Sistema、あまり日本では知られていない活動だとは思いますが、
CBSのドキュメンタリー放送を皮切りに、徐々に国外での活動も本格化しているようです。
なんと今年は映画まで公開するとか…

ぜひ、途上国発のこの素晴らしい取り組みが、世界中に広まって欲しいものです!
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)