「多様性」の街

さて、いまはサンフランシスコのど真ん中にいるわけですが、
この街のことがどんどん好きになってる自分に驚いてます。

キーワードは、「多様性」。

日本でもこれまで何度も聞いたことがある言葉だけど、
多分あんま意味が分かってなかった気がします。
そう、この街は本当に「多様」なのです。


こないだ、カストロストリートっていうゲイ解放運動の中心だった場所と、
ハイトアシュビーっていうヒッピー文化発祥の地に行ってきました。

ほんと、クレイジーな雰囲気でした。
日本だったら街全体にモザイクがかけられちゃいそうな、
そんなファンキーな感じ。まぁ伝わらないと思うけど・・・

カストロストリート

↑ゲイで賑わうカストロストリート
(これ以上アップにすることはできません)


まぁとにかく、

ゲイ、ホームレス、ヒスパニック、アジア人、黒人、障害者…
いわゆるマイノリティ(少数派)って呼ばれる人たちが、元気なのです。

色んな種類のマイノリティが至るところにウジャウジャしてるから、
まるでマジョリティー(多数派)ってもんが存在してないような雰囲気出しちゃってます。
ボクはそんなゴチャゴチャした感じが大好きです。(馴染めない日本人も多いみたいだけど)


まぁもちろん、こんだけ多くの人が集まれば色々な問題も当然起こるわけで、
治安の悪さとか、どうしようもない貧富の差とか、やっぱり根強い人種差別とか、
そんな部分もすごーく良く目に付く。

ボクも暗い気分になっちゃうような場面に何度か遭遇して、
この世の中ってどうしようもないなぁと心から思ったりもしました。

そう、色んなマイノリティを包み込んでる「多様性」の街は、
世界中の色んな社会問題を凝縮したような最低な「多様性」の街でもある。


でも、だからこそ、

どっこいこの街でたくましく生きてる人とか、
少しでも世の中を良くしようと戦ってる人たちの姿とか、

そんなんにすごく心を動かされたりしちゃうんです。
暗闇の中の一筋の光は、本当に明るく見えるもんですね。



とまぁ、パソコンの故障により研究の方はかなり遅れ気味ですが、
考えさせられることの多い日々ではありまっす。
関連記事

Comment

「暗闇の中の一筋の光は、本当に明るく見えるもんですね。 」

まさにそのとおりですよね。いい表現だと思います。
旅をしててつくづく人のしあわせは相対的なもんだと感じました。日本にいて毎日晴天の空の下にいては一筋の光どころか太陽のありがたみにさえなかなか気づけないもんですね。
普段からサングラスをかけて注意深く社会を見れるようになりたいものです。
  • 2007/10/29 18:27
  • HIROKI
  • URL
  • Edit
普段からサングラスかけて・・・ですか。すごく分かるような気がします。海外にいるとすごく色々な視点でモノを考えますよね。
でも、わざわざ旅をしなくても、本を読むとか映画を見るとか考え事をするとか、そんなことでも色々なモノの見方ができるようになるんじゃないかと、そんな風にも最近思ってます。どんなに忙しくなっても、そういう時間をつくる努力していこうと思います。
  • 2007/11/12 10:39
  • ブログ管理者
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。