キャリア・ダイバーシティの時代

ちょっと前に、クロスフィールズのスペシャルアドバイザーでもある
米倉誠一郎先生が講師をされているビジネスブレイクスルー
アントレプレナー・ライブという番組にゲストとして出演する機会を頂いた。

ビジネスブレイクスルー
↑ 緊張のあまり、置き物のような姿になっている筆者(右)


起業してからというもの、こうした身に余るオファーを稀に頂くのだけれど、
今回もまさにそんな感じで、いったい僕が何を話せばいいのかという感じだった…

それでも何とか苦労してプレゼン資料を作り上げ、当日の打合せを迎えた。
なんでも米倉先生はいつも当日の打合せを受けてその日の番組タイトルを決めるらしいのだが、
今回も先生は、僕との打合せを終えると、さらりと番組タイトルを発表された。

名付けて、「キャリア・ダイバーシティの時代」

瞬時に思いついたとはとても思えないほど、
僕自身と僕たちの事業とを的確に表した言葉で、驚いた。


このタイトルはまず、僕自身のことをよく表しているんじゃないかと思う。

大学を卒業して教師になるという道を志していた自分が、
ひょんなことから青年海外協力隊として国際協力の業界に入り、
かと思ったら経営コンサルティング会社でビジネスを経験し、
いまはこうしてNPOの経営者として活動をするに至っている。

日本人には珍しく、様々な領域を行ったり来たりしている自分は、
ある意味でキャリアの多様性(ダイバーシティ)を体現しているかもしれない。


また、このタイトルは僕たちの運営する「留職」という事業を言い得てもいる。

日本のビジネスパーソンに途上国のNPOで働く機会を与える「留職」は、
企業人に対して、所属する組織の中での画一的な出世・昇進や研修とは違う、
これまでにはない新しいチャレンジを用意していると僕たちは考えている。

言ってみれば、企業人のキャリアに対してダイバーシティを提供する試みだ。


これまでキャリア・ダイバーシティなんていうカッコいい横文字を使ったことは
なかったけれど、いまの日本に欠けているのは、まさにこんな感じのことだと僕は思う。

日本社会でこれまで数十年間に渡って誰もが妄信的に目指してきた、
「いい大学→いい会社→ひたすら出世→幸せにリタイア」という画一的なキャリアが
いまの時代にそぐわないものになっていることは、誰の目にも明らかなことだ。

日本がいま置かれている経済状況や社会情勢を考えれば、今の20代や30代が
数十年前に形成された既定路線的なるキャリアを歩むのはもはや不可能なのだ。

でも、にもかかわらず、日本社会には受験勉強や就職活動や昇進システムをはじめとした
単一的かつ画一的なキャリアや価値観を推奨する強固なシステムが横たわっている。

そのせいで、自分たちが歩んでいる道には先がないとうすうす感じている人でも、
この既成概念の呪縛から逃れることができないというのが日本の現状なんだと思う。

そして、この不幸なネジレこそが、日本社会に閉塞感を与えているように僕は感じる。

だからこそ、そうした画一的なキャリアの枠を超える動きには注目が集まるし、
米倉先生もそうした観点で、僕や僕たちの事業を応援してくれているのだと思う。

キャリア・ダイバーシティ、これからすごく大切な概念かもです。


「世界に広がり、社会に貢献する日本のソーシャル・パワー」
↑直接関係ないけど、こちらは米倉先生がクロスフィールズの活動を紹介して下さった文章。


NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)