シリア情勢と友人の活動

シリア情勢が混迷を極めている。

自分にとっては、青年海外協力隊として2年間近くを過ごした国であり、
毎日飛び込んでくる悲惨なニュースを見聞きする度に、本当に胸が痛くなる。

住んでいた村の友人とは今も電話で連絡を取り合うことができているが、
幸い、今のところ彼の家族や友人たちには何の被害もないとのことだ。

ただ、友人の声にはどことなく不安の色がにじんでいて、いつものように
「何も問題ない」とは言っているものの、言葉にはどこか力がなくなっている...

複雑な政治・社会情勢の中、どのように事態を収拾することができるのかは
全く分からないけれど、とにかく、これ以上の犠牲者が出ないことを祈りたい。


それにしても、シリアという国に対して特別な思い入れを持つ自分が、
どこかで事業起ち上げの忙しさを言い訳にして、この事態に対して何の行動も
起こすことができていないのは、本当に恥ずかしいことだと思う。

そんな情けない自分を尻目に、協力隊時代の仲間たちが
シリア緊急支援の活動を日本でスタートしたので、その取り組みを紹介したい。

topphoto_rev4.jpg
シリア緊急支援団体『サダーカ』のウェブサイト

この団体は、混迷するシリア情勢を受けて、何かできることはないかと考えた
青年海外協力隊のOBや大学生を中心としたメンバーによって今年3月に設立された。

活動としては、寄付金によるシリア国内外の難民支援や情報発信などの活動や、
国際NGOや国連機関と協働で平和的解決のための働きかけを行なっているとのこと。

(※ Facebookページもあるようなので、よければ「いいね!」お願いします)

おそらく友人たちも今後の活動については模索している状態だとは思うけれど、
このような形で当事者意識を持って行動を起こした友人のことを心から尊敬するし、
自分としても、今の自分にできる限りのサポートをしていきたいと思っている。


シリア訪問写真
↑2010年の暮れに僕が住んでいた村の小学校を訪れたときの写真。
 この時は本当に平和を絵に書いたような場所だったんだけど...

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

---------------------------------------------------------------------------
※ 7月14日(土)にクロスフィールズ1周年記念イベントを開催します。
  お申込みはこちらからお願いします!
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

だれをバスに乗せるか

新しいスタッフやインターンが加わってくれたということもあり、
先日、「強化合宿」と銘打って、初年度の振り返りや今後の方針について
泊まり込みで議論をするため、東京を離れて長野の方まで足を伸ばした。

ワゴン車をレンタルして、東京にいるスタッフ全員でワイワイと長野に
向かったのだけど、免許を持っていない使えないインターン生の代わりに
ハンドルを握っていると、ふと、ある本の一節が脳裏に浮かんできた。

浮かんできたのは、「だれをバスに乗せるか」という一節。
出典は「ビジョナリーカンパニー2」という、あまりにも有名なビジネス書だ。


ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
(2001/12/18)
ジェームズ・C. コリンズ


この本には組織というものを考える上で大切なことが沢山書かれていて、
あまり本を熱心に読まない僕ですら、この本だけは繰り返し読んで、
色々なことをただひたすらにノートにメモしたということを覚えている。

そういえば起業してから読んでないなぁと思い、せっかくの機会なので少し
読み返してみたのだけど、改めて、刺激的な内容だなぁと思う箇所が多かった。


「だれをバスに乗せるか」の章の副題は「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」
というものだけれど、これはなかなかスゴいことを書いているんじゃないだろうか。

どんな企業でもNPOでも、最初に組織が実現したい世界観や事業モデルがあって、
その上で、それを実現するのに最適な人材を集めるのが正攻法じゃないかと思う。

でもこの本は「はじめに適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、
その後にどこに行くかを決めるべきである」
という無茶苦茶な主張をしている。
ミッション達成に全力を注ぐNPO経営者としては、ちょっと納得できない部分もある。

ただ、長野行きのワゴン車に乗り込んだ仲間たちの顔を改めて思い浮かべてみると、
そこに乗っていたのは、「よくもまぁこんなに最高のチームが集まったなぁ」と自分でも
感心してしまうくらいに最高のメンバーなわけで、ちょっと待てよ、という気になった。

そう、実はよくよく考えてみると、もしかしたら自分たちも
人選びから始めて組織をつくったのかもしれないのだ。

クロスフィールズが創業した日に、創業メンバー2人で最初に決めたのは
"Misson(果たすべき使命)"でも"Vision(実現したい世界)"でもなく、
団体としての"Core Values(大切にしたい価値観)"なるものだった。

このCore Valuesの内容は恥ずかしすぎて団体スタッフとしか共有していないのだけど、
イメージとしては「情熱を持とう」とか「ワクワクする瞬間を大事にしよう」とか、
はたまた「健康でいよう」とか、そんな青臭さ全開の文言がツラツラ並んでいる感じだ。
要は、どんなことをやるにも、これは大事にしていきたいよね、という主旨の内容だ。

僕たちは図らずして、「バスの行き先(何をやるか)」の前に、自分たちが
「だれをバスに乗せるか(どんな組織でいたいか)」を決めていたのかもしれないのだ...


前述のビジョナリーカンパニー2の「だれをバスに乗せるか」という章は、
以下のような言葉で締めくくられている。

何を達成できたとしても、時間の大部分を愛情と尊敬で結ばれた人たちと過ごしている
のでなければ、素晴らしい人生にはならないからである。愛情と尊敬で結ばれた人たち、
同じバスに乗っているのが楽しい人たち、失望させられたりはしない人たちと時間の大部分を
過ごしていれば、バスの行く先がどこであろうと、まず間違いなく素晴らしい人生になる


この言葉、本当にシビれる。。。

実は僕たちも事業拡大に伴って新規にスタッフを採用しようと計画しているのだけれど、
「だれをバスに乗せるか」ということは、とにかく大事に大事に考えていきたいと思う。

強化合宿
↑ワゴンを運転中の自分(本当にどうでもいい写真ですが)

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

ワールドビジネスサテライト出演と、最近の悩み

5月2日(水)、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで
クロスフィールズの運営する「留職」の取り組みを特集して頂いた。

しかも、事情は未だに分からないのだけれど、なぜか僕もスタジオに
お呼び頂き、1時間ぶっ通しで生出演をするという機会を頂戴した。

WBS

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_19861
↑当日の放送内容の一部がご覧いただけます。宜しければ、ぜひ!
(注:僕がスタジオ生出演中に緊張のため倒れたシーンはカットされてます。笑)


さて、自分たちのような若い団体がこんな風にテレビに出れたのは、
本当に本当に、信じられないくらいに運が良かっただけだと思うのだけど、
最近少しずつメディアに出させてもらったり、講演をさせて頂く機会も
増えるようになって、実は、少し悩んでしまっていることもある。

その悩みとは、「自分は一体誰の言葉を喋っているのか」ということだ。

これは当たり前のことだけど、僕は独立して起業するにあたって、
「自分がやりたいこと」に最大限に素直になって事業を起ち上げたつもりだ。

ハッキリとは覚えていないけど、創業当時は「僕はこんなことがしたい」とか
「僕が目指す世界は…」といった風に、一人称で喋ることが多かった気がする。

でも、このブログでもそうだけど、ここ最近は、自分の周りにいる同世代の
仲間たちの気持ちや想いを代弁することで、何かを語ることが増えている。

特にメディアに出る時などは、「自分たちの世代は…」といった言葉を使って、
自分だけの想いを語るというより、これまで出会ってきた仲間を思い浮かべて、
その代弁をした方が、より熱を込めた話をできるようになってきている。

きっとこれは、これまでの事業の過程で出会った多くの仲間と話をしているうちに、
自分の思考や考え方に、彼らの気持ちや想いが乗っかってきているからだと思う。
「自分の事業」が、「自分たちの事業」に変わろうとしているのかもしれない。


こう考えると、まるで仲間たちから力を分けてもらいながら事業をしているようで
なんだか嬉しいけれど、その一方で、ちょっと不安に感じてしまうこともある。

「自分がやりたいこと」に対して最大限に素直になって事業を起ち上げた自分が、
いまは「仲間たちが期待すること」に対して素直になろうとしている気がするからだ。
実は最近、ある人から「まずは自分がやりたいことを突き詰めろ」という言葉も頂いた。

もちろん、どっちが正しくて、どっちが間違っているというわけではないと思うし、
両者の境目というのは、限りなく曖昧なものなんじゃないかと僕は思っている。

でも、きっと「自分がやりたいこと」だけは絶対に見失ってはいけない気がするし、
その前提のもとでこそ、仲間たちの気持ちを自分の力にしていけるんだと思う。


・・・というわけで、まだまだ悩みが多くて未熟な自分だけれど、それだけに、
「自分は一体誰の言葉を喋っているのか」ということには、常に気をつけていきたい。

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

http://crossfields.jp/_images/forum_banner02.jpg

創業1周年。22歳の自分を超えた自分

5月3日をもって、クロスフィールズが創業1周年を迎えた。

1年前にはこの先どうなるのか全く分からない状況だったことを考えれば、
いまこうして事業に前向きに取り組めているということ自体が奇跡的だと思うし、
それだけに、これまで支えて頂いた方々には心からの感謝の気持ちで一杯だ。

それにしても、この1年間というのは、どんな風に振り返ってみても、
間違いなく、これまでの僕の人生で最も濃い1年間だったと思うし、
そのことは、自分にとっては実は結構誇るべきことだったりする。

22歳のとき、僕は大学の体育会男子ラクロス部の主将なるものをやっていて、
100人の仲間たちとととに、関東ラクロスリーグの決勝進出という目標を目指し、
日々をとにかく全力で過ごしていた。まさに、究極の青春を過ごした1年だった。

最後は準決勝で1点差で負けてしまったけれど、あの1年間は自分にとって
聖域のような濃密な時間だった。そして、また同時に、あの時以上に自分が燃える
ことなんてあるんだろうかと、卒業する時にはすごく不安だったのを覚えている。

でも、今こうして、部活をやっていた22歳の自分を遥かに超えて
毎日をワクワクしながら全力で過ごしている自分がここにいる。

このことが、ただただ、嬉しくて仕方がない。

「青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて、
 日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。」

というのは、パナソニックの創業者である松下幸之助さんの言葉だけれど、
青春という言葉をこう定義するのであれば、僕は生涯青春を生きていきたいし
毎年毎年を「今年こそが生涯で最も濃い1年だった」と振り返りたいものだ。


そんなわけで、創業2年目の今年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、
昨年以上に全力で駆け抜けていきますので、どうぞ応援お願いいたします!

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

http://crossfields.jp/_images/forum_banner02.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。