ソーシャル・イントラプレナー(企業内社会起業家)とは何か

「ソーシャル・イントラプレナー(企業内社会起業家)」
という言葉を耳にする機会が、最近少しだけ増えている気がする。

なんだか難しい言葉だけれど、これは、社会の課題の解決に
ビジネスを起ち上げることによって挑むという「社会起業家」の役割を、
企業にいながらにして果たしている人たちを指す言葉である。

こう書くと、まるで全く新しい概念のように聞こえるかもしれないが、
要は「起業家精神を発揮して社会課題の解決に挑む企業人」のことだ。

ここまで単純化すると、今度は…

「そもそも企業人ってみんな起業家精神を持ってるもんじゃないの?」
「どの企業も社会の困りごとを解決するためにできたんじゃないの?」

ということで、当たり前すぎて意味のない言葉のようになってしまう。
でも実際、この概念は新しいものなんかではないと僕は思っている。

特に日本企業においては、創業の理念までをたどっていくと、
「社会を良くする」という一点に行き当たる会社がとても多い。
また、起業家精神を持った企業人が沢山いたからこそ、
日本企業はここまで成長できたし、今も力を持っているんだと思う。

では、なぜ今になって「ソーシャル・イントラプレナー」という言葉が
注目を集めるようになっているのか。それは、上に書いたようなことが、
多くの企業で、当たり前ではなくなっているからじゃないだろうか。


今の20代から30代の世代には、「仕事を通じて社会を良くしたい」という
想いを持って会社に入った人たちがすごく多いと感じる。企業の持つ膨大な
リソースを活用して世の中に大きなインパクトを与えたい、そんな希望に
胸を膨らませた同世代の企業人の仲間たちは本当にたくさんいると思う。

しかし、大企業での細分化された仕事や、既成概念に縛られた意思決定とは、
働く人の主体性や全体観、さらには起業家精神を次第に奪ってしまう。

また、消費者や社会との接点が少ないことは、「働くこと」で自分が社会に
貢献しているという実感を奪い、「働くこと」こそが自分の想いを体現する
ことだという認識をどこかに追いやってしまっているように思う。

これによって、「会社で働くこと」に対するイメージは、いつの間にか
『自ら事業を企てること』から『与えられた仕事をこなすこと』となり、
『社会のための行為』から『お金を稼ぐ行為』になってしまうのだ。

もちろん、僕の周りにも、情熱を持って天職だと思って仕事をしている仲間も
沢山あるわけで、これは全ての企業や全ての企業人を指している話ではない。

でも、こうして「ソーシャル・イントラプレナー」という言葉が注目を集めている
背景からは、大企業で働く同世代の仲間たちの悲鳴が、僕には聞こえてくる。


僕が仲間たちと経営するクロスフィールズでは、「留職」プログラムという、
企業人が途上国で本業のスキルを使って社会課題に挑む経験を提供している。

企業人をある種の修羅場に放り出すことで、大企業ではなかなか経験できない
「自ら事業を創ること」や「本業を通して社会に貢献すること」の醍醐味を
象徴的に経験してもらい、その熱を企業に還元してもらうのが「留職」の狙いだ。

ある意味、企業活動や「働くこと」を原点へとち返らせるお手伝いをすることが、
自分たちクロスフィールズという団体がやろうとしていることなのだと思う。


思えば、自分たちの団体のミッション(果たすべき使命)は
「社会の未来と組織の未来を切り拓くリーダーを創ること」だと定義しているけれど、
これも「ソーシャル・イントラプレナー」という言葉を言い換えたような表現かもしれない。

社会に対する価値と組織に対する価値とを重ねあわせて事業を企てることで、
仕事を「会社に仕えること」から「志事(しごと)」だと考えられるような人たちを
増やしていくことに、自分たちはこれからも愚直に取り組んでいきたいと思う。

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

http://crossfields.jp/_images/forum_banner02.jpg

(5/22)クロスフィールズ企業向けフォーラムのお知らせ

http://crossfields.jp/_images/forum_banner02.jpg

僕の経営するクロスフィールズで、5月22日(火)18:00から
「留職」プログラムについての企業向けのフォーラムを開催します。

http://crossfields.jp/event/20120522_forum02/
(リンク先の「いいね!」でFacebook上での周知にご協力下さい!)

今回のフォーラムでは、新興国NPOへの社員派遣の取り組みを通じた
人材育成・事業開発・社会貢献に取り組む企業の方々をお招きし、
その取り組みとその成果について、担当者・参加者の生の声に迫ります。

実際に「留職」を導入されたパナソニック株式会社、そして、既にこうした
取り組みを行っている株式会社リコー・日本IBM株式会社にご登壇頂き、
その取り組みについてお話して頂きます。

更に、マーサージャパン株式会社の古森社長をファシリテーターとして
お迎えし、新興国NPOへの派遣によってどのような価値が生まれるか、
各企業のスピーカーの方々とパネルディスカッションを行います。

お忙しいとは思いますが、企業にお勤めの皆さま、ぜひご参加下さい。

また、周囲の方でこうした取り組みに関心のありそうな方がいらっしゃれば、
ぜひフォーラムについてご紹介頂けましたら幸いです。

(以下、転送歓迎!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  NPO法人クロスフィールズ主催 第2回企業向けフォーラム(5/22(火)18:00-21:00)
          先進企業が注目するNPOとの新しい協働のかたち
            ~新興国への「留職」で変わる組織と個人~
          http://crossfields.jp/event/20120522_forum02/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開催趣旨

グローバル化が加速する中、海外、とくに新興国での事業展開がどの企業にとっても重要
さを増してきています。そのような中、企業が新興国のNPOに社員を派遣する取り組みが
注目を集めています。

「留職」とも呼ばれるこの取り組みでは、NPOに派遣された社員が本業のスキルを用いて
現地社会に貢献すると同時に、現地の生活者目線を身に付けたグローバルに活躍できる
人材の育成や、新興国の市場開発などを実現することが目指されています。

本フォーラムでは、こうした手法で人材育成・新規事業開拓・社会貢献活動に取り組んで
いる3社の企業担当者と参加者をお迎えし、これまでの取り組みの成果や今後の展開に
迫ります。ご関心をお持ちの人事部やCSR部の方々、更には、こうした取り組みをお勤め
の企業でも広めていきたい方々等、ぜひ奮ってご参加下さい。

なお、フォーラム終了後には懇親会もご用意しておりますので、皆さまの意見交換の場と
してご活用頂ければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開催概要

【日時】
2012年5月22日(火) 18:00-21:00(17:30開場)
※ 20:00- 同場所での懇親会もご用意しております

【お申込み方法】
こちらのフォームより、必要事項を明記の上お申し込み下さい。
http://crossfields.jp/event/20120522_forum02/

※締切:5月15日(火)
※ご参加の可否を5月18日(金)までにご連絡致します

【内容】
-第1部- <先進企業による報告>
「パナソニック版「留職」 “Panasonic Innovation Volunteer team(PIVoT)”の取り組み」
  パナソニック株式会社 社会文化グループ 戦略推進室 原口雄一郎氏
                 スペース&メディア創造研究所 山本尚明氏
  NPO法人クロスフィールズ  理事 松島由佳

「社会貢献活動と企業としての成長の両立を目指すリコー “志チーム”の取り組み」
  株式会社リコー グループ技術開発本部 副本部長 瀬川秀樹氏

「世界で活躍するリーダーを育てるプログラムCorporate Service Corpsの取り組み」
  日本アイ・ビー・エム株式会社 CSR・環境・社会貢献 川嶋輝彦氏

-第2部- <パネルディスカッション>
「企業とNPOの協働からは何が生まれるのか?」
  ファシリテーター:
  マーサージャパン株式会社 代表取締役社長 古森剛氏
  スピーカー:
   パナソニック株式会社 スペース&メディア創造研究所 山本尚明氏
  株式会社リコー グループ技術開発本部 副本部長 瀬川秀樹氏
  日本アイ・ビー・エム株式会社 CSR・環境・社会貢献 川嶋輝彦氏
   NPO法人クロスフィールズ 代表理事 小沼大地

【対象】
・法人企業にお勤めの人事部部門・社会貢献部門・経営企画部門のご担当者様
・プログラムへのご関心をお持ちの法人企業にお勤めの方々
・メディア関係の方々

【会場】
ベルサール九段 Room2
※「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
  「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
  「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)
http://www.bellesalle.co.jp/bs_kudan/event/access.html

【定員】
70名(応募者多数の場合には、抽選とさせて頂きます)

【参加費】
2,000円

【NPO法人クロスフィールズとは】

「社会の未来と組織の未来を切り拓くリーダーを創ること」をミッションとし、
企業で働く人材が途上国のNPO等へと赴任し、本業でのスキルを活かして現地の人々と
ともに社会課題の解決に挑む「留職」プログラムの企画・運営をしております。

企業の持つスキルやリソースを活用して現地社会の発展に貢献することが出来るの
と同時に、新興国の生活者を肌感覚で理解することで、新たな事業を生み出すことや、
グローバルな環境で活躍できる人材の育成を目指すことができます。

詳しくはこちらのwebsiteをご覧ください⇒ http://crossfields.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

予言の自己成就

社会学を少しだけカジッた自分としては少し慣れ親しんでいる考え方に、
マートンの「予言の自己成就(self-fulfiling prophecy)」というものがある。

このようになるのではないかといった予期が,無意識のうちに予期に適合した
行動に人を向かわせ,結果として予言された状況を現実につくるプロセスをさす。
 
事例としては,1973年の石油ショック時に自己充足的予言によるパニックが
起こったのが有名である。現実には存在していなかった「物不足」であったが,
「物不足になる」という予期的不安から,人々が一斉にスーパーに走り,結果
として予言どおりの全国的な「品不足」を現出させた。

また教育場面では教師がもっている生徒に対する期待が,実際にその期待に
あった生徒を作り出してしまう現象などが指摘されている。

(『有斐閣心理学辞典』より抜粋)


要するに、「世の中はこうなる!」とか「あなたはこういう人だ!」という予言を
誰かが信じると、予言が嘘かホントかは別として、次第にその予言が現実のものに
なっていくという考え方だ。ちなみに、血液型の性格診断や星座占いというのも、
この予言の自己成就の一種だと考えられている。

で、いったい何が書きたいのかというと、起業してからというもの、
この「予言の自己成就」に近いことを感じることがすごく多いということだ。


ある夢のリストの話

たとえば、「自分たちはこういう目標に向かう!」と宣言しておくと、
本当にその通りになってしまうこともある。(勘違いの可能性は大きいけれど…)

1つの例を言うと、起業したばかりの頃、ある人から「世界中の誰でも選べるとしたら、
この人にアドバイザーやサポーターとして支えられたいという人を書きだすといい」
という助言をもらい、自分なりの「ドリームチーム」のリストをつくったことがある。

その時にリストアップしたのは、だいたい30人くらい。そのリストの中の人で、自分の
事業について知っていた人は数人で、ほとんどの人には起業することも話してなかったし、
まだ会ったことのない人や、本で読んで存在だけ知っている憧れの人も沢山入っていた。

そして、それから約1年。

久々にそのリストを見返して、本当に驚いた。そのリストに載っていた30人の1人残らずに、
自分たちの事業について説明する機会を持てていたし、多くの方に「君たちを応援したい」
という言葉をもらえていた。1年前は話したこともなかった人が、今は実際に自分たちの
アドバイザーになって、定期的に経営指南をして下さったりもしている。

これは、本当にすごいことだと思う。

断言してもいいけれど、あの時にリストを作っていなかったら、絶対にこうはなって
いなかった。途方もない夢のリストをつくったように感じていたけれど、あれは自分の
目指すべきゴールイメージを絞り込む行為だったんだと思う。

正直、会社を飛び出して自由の身になれば、ある意味どんな人とでも会うことはできるし、
可能性は無限大だ。でも、それは同時にあいまいな状況でもあって、無限の可能性の中で
迷子になってしまって、一向に前に進めなくなってしまうことも多い。

それを、たとえどんなに無謀なものだとしても、リストという「目に見えるもの」にする
ことで、明確な目標としてイメージすることができたのだと思う。あのリストがなかったら、
「ドリームチーム」のリストにいる人たちは、今も憧れの人のままになっていると思う。


『未来日記』としてのメディア

もう1つ、メディアこそが最強の「予言の自己成就」の装置だと、すごく実感している。

幸運なことに、ここのところメディアの方々にも自分たちの活動を注目して頂いていて、
テレビ・新聞・雑誌・ラジオをはじめとした取材を受ける機会が増えてきている。

そんな時、自分たちのような実績のない団体の場合、「何をやっているか」ではなく
「何を目指しているのか」という点に焦点があたる取材になることが多い。

すると自分たちも当然、「こういう世界を創りたい」という夢を取材の中で語ることになる。
結果、メディアに登場すると、「こんなスゴいことが起こりつつある!」といった論調の、
ある意味では『未来日記』的な様相を呈した記事になっていく。

でも不思議なもので、世の中の人はこの『未来日記』を読んで、「なるほど世の中はこう
進んでいるのか」と認識し、メディアに書かれた未来が現実のものになっていくのだ。

実際、この数カ月間でも、「この掲載のされ方は自分たちの実態よりもだいぶ背伸びした
内容だなぁ」と感じたことが何度かあったが、その度に、その数週間後にその掲載内容が
本当にその通りになってしまうという奇跡的な出来事を何回も経験した。



もちろん、すべての予言が自己成就するなんてことはありえないけれど、
僕が思うのは、誰かが予言しない限りは、それは現実にはならないということだ。

これからの日本社会が良いものになっていくかどうかは分からないけれど、
良いものになっていくと信じない限りは、良い方向性には進んでいかないのだ。

というわけで、自分はこれからも無謀なくらい前向きな予言を唱えたいと思う。

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

リスクを取って挑戦すること、リスクを取って応援すること

嬉しいことに、クロスフィールズの活動をリクルート発行のR25という媒体に取り上げて頂いた。
(一緒に並んでいる団体がすごく実績のあるところで、本当に恐縮なのだけれど…)

R25 CoverR25

基本的な文脈としては「若手社会起業家が増えつつある」というものだけど、
この記事が面白いなぁと思ったのは、僕も大変お世話になっている
三菱UFJリサーチ&コンサルティングの水谷さんのコメントによって、
「若い世代の挑戦を応援する組織」にもスポットがあたっていることだ。

若手社会起業家が増えつつある理由のひとつは、挑戦を支援する組織の充実です。
たとえば、社会起業家育成のインキュベーション(起業支援)を手がける「ETIC.」。
出資者を募り社会起業家に資金提供をしたり、仕事のスキルや経験を持った人を仲介
したりする「ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)」。こうした団体が
挑戦を後押ししているんです(三菱UFJリサーチ&コンサルティング水谷衣里副主任研究員)


実は僕たちの団体は、上の水谷さんのコメントに出てくるETIC.さんにもSVP東京さんにも
起業してからずっとサポートして頂いている。それもあって、こうした中間支援団体の存在が
どれだけ起業家たちの挑戦にとって必要不可欠かということが、実感としてすごく分かる。

では、一体何が素晴らしいのか。
僭越ではあるけれど、挑戦中の若手起業家の視点で、僕が感じることを書いてみたい。


若手起業家が持っていない専門的なスキルや経験の提供

起業家を支援する中間支援団体の機能の1つは、専門的なスキルや経験の提供だ。

若い起業家とは当然のように経験値やスキルが圧倒的に欠けているわけで、
そこに専門的なスキルの提供を受けられることは、当然ながら大変有り難い。

たとえばSVP東京さんには優秀な弁護士の方々が所属していて、法務関係のことで
相談をすると、信じられないほどのスピードとクオリティでアドバイスが来る。
また、大企業の部長クラスの方々も所属していて、日々の営業活動で悩んだ際には
「大企業だったらこう考えるぞ」といった視点で、貴重なアドバイスをもらえる。

また、ETIC.さんには、NPO経営者が必ずといっていいほど陥る落とし穴を
熟知したその道のプロが沢山いて、自分たちの半歩先をいった助言を与えてくれる。

若手の起業家というのは、ヤル気とパワーにだけは溢れているものの、
目の前のことに必死になって、冷静に自分たちの事業を考えるのが苦手なものだ。

自分たちのことを振り返っても、こうしたサポートがなかったら
一体どうなっていたかと想像すると、ゾッとして背筋が寒くなってしまう…


苦しい起ち上げ期を乗り切るための軍資金の提供

僕が有り難いと感じた中間支援団体の2つ目の機能は、
スタートアップ時の金銭面でのサポートだ。

これもまた当たり前のことながら、若手起業家とは皆、十分な資金を持っていない。
そのため、創業期に中間支援団体から受けられる助成金は、本当に貴重な軍資金となる。

特にNPO法人は出資という形での資金調達ができないため、事業が軌道に乗るまでの
資金調達の手段として、中間支援団体からの金銭的サポートというのは非常に有り難い。

実際、自分たちも事業を立ち上げる際に背中を押してもらったのは、
ソーシャル・ベンチャー・スタートアップ・マーケットという
ETIC.さんが実施していた助成金プログラムの存在を知ったことだった。

このプログラムがなかったら、起業に踏み切るタイミングはもっと遅れていたと思う。


リスクを取って挑戦を応援してくれること

上に書いたような2つの支援はもちろん嬉しいのだけれど、実は僕が最も感謝しているのは、
「君たちの挑戦を応援しよう」と正式に覚悟を決めてもらったという、その事実自体だ。

僕が会社を辞めて起業しようと考えていた時、自分の周りの友人・先輩たちには
「おお、面白そう」とか「それ絶対いけるって!」といって応援してくれる人もいた。
こうした声は本当に貴重なもので、実際にそうした声にすごく鼓舞してもらった。

ただ一方で、友人の挑戦に応援の言葉をかけること自体は、何のコミットメントでもないし、
ましてやリスクを取ったアクションではない。そういう意味で、起業して間もない頃というのは、
どれだけの人が本気で事業に共感・協力してくれるかが、全くの未知数だったのだ。

この時期は、本当に不安だった。そこに、「この事業は見込みがあるよ!」という
力強いメッセージをくれたのが、ETIC.さんやSVP東京さんといった中間支援団体だった。

中間支援団体が支援を決めるということは、たとえそれが出資でなくて
寄付や助成金という形だったとしても、それは「君たちに賭ける!」という
コミットメントを伴う行為であり、まさにリスクを取る行為だと僕は思う。

それだけに、SVP東京さんの最終選考に通ったときのことは、今も忘れられない。
自分たちの起ち上げた事業を、知らない誰かが「リスクを取った応援」をしてくれた。
その信じられない奇跡のような事実に、僕はただただ、どうしようもなく感動した。

自分たちも含め、若手起業家の多くは、「リスクを取った途方もない挑戦」をしている。
でも、そんな若者に「リスクを取った応援」をすることも、同じくらいスゴいと思う。

そして、そうしたリスクを取った挑戦者と応援者の繋がりこそが、
これからの日本が必要とするような「何かスゴいこと」を起こせるんじゃないだろうか。


↓この「何かスゴいことが起きる仕組み」を3分間で語っている映像(オススメ)











と、僕が起業家として実感している中間支援団体の意義を素直に書いてみた。

ここまで書いてみて思ったけれど、日本の会社というのも、
上に書いたような支援を若手に対して提供すべきなんじゃないだろうか。

若手社員の途方もないアイデアに、知恵を与え、機会を与え、そして
一緒にリスクを取れるような会社こそ、未来の日本を創っていくと僕は思う。

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

逃げ切った世代、逃げ切ろうとする世代、逃げ切れない世代

正月に「C世代とは誰か」という記事を書いたけれど、
僕はこの「世代」という考え方がけっこう好きだったりする。

もちろん世代論というのは個々人の特性を無視した乱暴な議論なわけだけど、
一方で、単純化することで、時として何か新しいことに気付いたりもするものだ。


最近僕が強く思うのは、今の20-30代の人間たちというのは、自分たちが
「逃げ切れない世代」であるとハッキリ自覚しているということだ。

今の60代-70代というのは、行動経済成長期にサラリーマン人生を歩んで
バブルの絶頂を経験して引退していった、ある種の「逃げ切った世代」としよう。

それに対し、40-50代というのは、日本経済は傾きかけているものの、
全力で既存のレールの上を走っていれば何とかなると思っている
「逃げきろうと必死な世代」と捉えることができるかもしれない。
(※ 繰り返しですが、世代論なので全員を指しているわけではありません)

そして自分たち20-30代というのは、既存のレールの上を走っていても、
その先には、上の世代が歩んだ時のような道は続いていないことを本能的に
悟っていて、強い強い危機感を持っている世代なんだと思う。


実際、マクロミルの調査によれば、「一番幸せなのはどの世代だと思いますか?」
という質問に対して、20代の46%、30代の54%が「親、祖父母世代」と答え、
50代以上、特に60代では「自分の世代」という答えが圧倒的だったという。

これはなかなか、とてつもなく絶望的に見えるデータなんではないかと思う。


ただ、これをちょっと(思い切り?)ポジティブに捉え直してみると、
既存の価値観で考えたら不幸過ぎる自分たちの世代だからこそ、
既成概念を覆すような、とてつもなく革新的なアイデアや思想を生み出せるとも思う。

普通に歩いていたら「この先に道はありません」という標識が出ているのだから、
「だったら新しい道を行こう」と思うのは、もしかしたらすごく自然なことかもしれない。


そして、このオリジナルの世代論でもう1つ思っているのは、
「逃げ切った世代」である60-70代と「逃げ切れない世代」の20-30代は、
実は限りなく同じ想いを共有しているかもしれないということだ。

「逃げきった」と感じている60-70代の方々には、これからいかにして
社会に対して恩返しをしていこうかと真剣に考えていらっしゃる方が多い。

一方、「逃げ切れない」と感じる20-30代は、これから自分たちが幸せに生きるために
何とかして社会を変えていかないといけないと思っている人間たちが非常に多い。

若くて活力のある20-30代と、経験豊富で時間とお金もある60-70代という
2つの世代がタッグを組むというのは、なかなかベストマッチなんじゃないだろうか。


実は、事業上でもこの2つの世代を繋いで世の中を変えていくという
「サンドイッチ作戦(?)」にチャレンジしたいとも最近企んでいたりする。

というわけで、タッグを組んで下さる60-70代の方々、お待ちしております!


NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715