AmeriCorps*VISTA

PeaceCorps(アメリカ版青年海外協力隊)の国内版とでも言うべきプログラムに、AmeriCorps("アメリコー"と読む)というものがある。アメリカにおいてもPeaceCorpsほど認知度は高くないが、非常に素晴らしいプログラムだ。

日本語でこのプログラムを紹介した記事があまりないようなので、インターン先でAmeriCorpsプログラム参加者(22歳、女性)にインタビューした内容も織り交ぜて、その概要を少し書いてみたいと思う。(というわけで、今回も一部のマニア向けの記事です…)


AmeriCoprsとは、アメリカ国民に国内の社会問題解決の現場で一定期間働く機会を提供することを目的としたプログラムである。僕も調べるまでは知らなかったが、AmeriCorpsといっても、

・NCCC (National Civilian Community Corps)
・State and National
・VISTA (Volunteers in Service to America)

という3つのプログラムに分かれているらしい。今回は、このうちNPOに直接かかわる
AmeriCorps*VISTA(以下、VISTA)に絞って書いていきたい。



・プログラムの概要
VISTAとは、アメリカ政府が運営する、アメリカ国内の貧困にかかわる問題を扱うNPOにおいて1年間フルタイムで働くというプログラムである。

ユニークなのは、プログラムの対象が間接業務に絞られているということだろう。間接業務とは、受益者に直接サービスを提供しない業務のことである。例えば教育プログラムを例にとれば、直接子どもに教えることはせず、そのプログラムの企画・運営を行うわけである。このあたり、日本の青年海外協力隊とはかなり趣が異なる。

なお、AmeriCorps*VISTAという現在の名称になったのはクリントン大統領がAmeriCorpsを創設した1996年だが、VISTA自体の歴史は1965年にまで遡る。創設以来17万人がVISTAとしてNPOで働いたというから、そのインパクトは計り知れない。

・ 給与面
一部の手当(住居や社会保険など)を除く大部分が政府から支給される。そのため、NPOとしては政府から労働力の助成を受けていることになるわけだ。ちなみに僕がインターンをしているNPO(年間予算規模10億円程度、総職員100名強)では現在計7名のVISTAが働いている。

給与額は、「アメリカの貧困層と同様の経験をするため」という名目で、給与基準は各地域の貧困ラインと同レベルの額が支給されている。この支給額だけで生活するのはかなり苦しいらしく、インタビューした同僚は親からの仕送りに頼らざるを得ないと言っていた。

・参加者層
年齢制限はなく、参加者は高卒18歳から定年後の層までと幅広い。なかには70歳くらいの人も参加しているとのこと。ただし、やはり多いのは大学(院)卒業後に参加するケースと民間企業で数年働いてから参加するケースで、平均年齢は25歳程度。

AmeriCorps
↑駅などで見かけるAmeriCorps募集の看板

・参加動機
インタビューした同僚いわく、「自分の進路を定める上で何らかの経験をしたい。でも、せっかく何かやるなら社会のためになることをしたい」というのが最も一般的な参加動機とのこと。その他にも、NPO就職に向けたステップと考えて参加する人や、はたまたリストラにあったのをきっかけに参加するという人も多いらしい。

・応募プロセス
一斉募集をするわけではなく、新しい案件が出るごとに職務内容がHPにアップされ、それを見て興味を持った人間がHP経由でレジュメをNPOに送るらしい。ただ、NPO側は独自のレジュメ提出を求めることも多いなど応募プロセスはバラバラで、同僚いわく「HPは単なる求人情報サイトでしかない」とのこと。

・サポート制度
サポート体制は充実しており、5日間程度の研修が開始前含めて3-4回ほどある。また、プログラム期間中はPoint Personと呼ばれる相談役のような人から業務面や生活面でのコーチングを受けることもできるとのこと。

・終了後の進路と評価
最も多いのが大学(院)進学で、だいたい4-5割くらいとのこと。また、NPOに就職する人間も3割程度とかなり多く、中には受け入れ先の団体にそのまま就職するケースもあるらしい。進学後にNPOに就職する層も合わせれば、かなりの割合でNPOセクターに携わっていることになるだろう。

そして、何よりも印象的なのは、このプログラムに参加することが、「キャリアとしては最高に評価される」という同僚の言葉だ。行政機関でも民間企業でも、AmericCorps経験者と履歴書に書くことは、この上ない評価に繋がるらしいのだ。日本では青年海外協力隊での経験が必ずしもプラスに取られるわけではないので、この点では両国に大きな違いがあると言えるだろう。


以上、長くなったが、調べ物&インタビューの結果を徒然なるままに書いてみた。

総じて、社会的意識が高くヤル気のある人間に一歩踏み出すキッカケを与える、非常に有意義なプログラムだと思う。なかでもVISTA経験者が世の中で高く評価されていることは、NPO/民間/政府というセクター間の人材循環を促進する上でも本当に素晴らしい。

雇用対策という名目なのだろうが、オバマ政権は2010年予算でAmericorpsプログラムに3.7億ドル(前年比37%増)を計上した。受け入れ側のNPOの体力が若干心配ではあるが、経済不況で助成金や寄付金が大幅削減される中、NPOにとっては久々の嬉しいニュースのようだ。

日本でも民主党政権がNPOや社会起業家に積極的にお金を出し始めているが、ぜひ非営利セクターの発展にとって意義深いお金の使い方をして欲しい。

Giving Guide

Giving Guide

語学学校においてあるビジネス誌の山に混じっていた雑誌に、ちょっとびっくり。

これはGiving Guideと言って、サンフランシスコ地区のビジネス誌が
毎年発行している、篤志者およびNPO向けの寄付ガイドらしいのです。

B4くらいのサイズのバカでかさなのですが、内容はこんな感じです。

①寄付関連の特集記事が数本
②寄付先候補の財団/NPO50団体のリスト
③寄付額が多かった50企業のランキング
 
こんなマニアックなものをビジネス誌が別冊として発行してるのがスゴいと思いますが、
更にすごいのは、これが全国紙ではなくローカル誌ということです。

③の企業寄付ランキングを見れば、どの企業が自分の地域のために
最も金銭的な貢献をしたのかが一目瞭然なわけです。
「総合額/経常利益比率/従業員一人あたり額」なんていう分け方もキッチリされていて、
データを眺めているだけでも結構面白かったりします。

そして、これはNPOにとっては非常によいドナー先探しのツールにもなるわけです。
どの企業が寄付に積極的かを示すエリア別の定量データって、かなり貴重なはずです。


最近は日本でも社会貢献に対する一般の関心高まってますし、
日経ビジネスあたり、こんな特集を組んでも面白いんじゃないでしょうかねー。
まぁ、エリア別ってのは、ちょっとまだ日本では難しいでしょうけど…

学生生活終了

完全に更新をサボってました。

このあいだの旅では、会いたかった人にも会え、
行きたかった場所にもだいたい行くことができました。
それに、これからの人生での目標とかを
ゆーっくりと考えることもできました。

やっぱ、旅っていいですね。
これからも定期的に行きたいです。

思えば、旅を通して自分の人生は大きく
変わったような気もしたりします。


さて、7年間に渡った学生生活にも
いよいよ昨日をもって終止符が打たれたわけです。

振り返ってみても、やっぱり本当に
好き勝手に色んなことをやってきました。

ラクロスというスポーツに明け暮れてみたり、
青年海外協力隊としてシリアに行ったりしました。
他にもそ旅やらインターンやらNPOの研究やら、
自分の好きなことをとことん追いかけてきた感じです。

ほんと、周りの人に迷惑をかけながらやってきました。
そんなボクを半ば呆れながらも応援してくれたり
受け入れてくれた人たちには、感謝の気持ちでいっぱいです。

おかげさまで、学生生活には何の悔いも残ってません。
(まぁ、7年間もやったから当たり前だけど・・・)


今日からは、いよいよ
会社員としての挑戦が始まります。

これまで培ってきた自分の個性を大事にしながら、
自分の周りの人たちや環境への感謝を忘れずに、
しばらくは修行のつもりでやっていくつもりです。

これからも、毎日が挑戦です。

どうか今後とも、応援よろしくお願いします。
ブログもたまには更新する予定です。

ではでは。

最後の旅

2度の国内放浪の旅が終わった。

「日本のこと、何も知らなかったんだなぁ…」
と、そんなことを心から感じる経験でした。

とにかく、日本最高っす。


さてさて、ついに修士論文の発表も無事終わって、
あと1ヶ月と少しで7年間に渡った学生生活も終わりになる。

最後の最後で何をやるか、かなり迷ったけど、
結局はシリアへの里帰りの旅に出ることにしました。

なんというか、自分の原点に返ろうかなぁ、と。

とはいえ普通に帰るだけじゃツマランだろうということで、
かなり複雑な経路で寄り道をしながらノンビリと行くつもりです。

ちなみに今はエジプトにいます。寒いです。
シリアにいる友人たちとの再会、楽しみだなぁ・・・

ではでは、気をつけて旅します。


シナイ山

↑写真はエジプトのシナイ山。モーゼが十戒を授かった場所です。

現実逃避と告知

2008年、1月1日。

今日も大学院の研究室にて論文と格闘中。
最終提出まで2週間・・・。

ピンチです、とても。



と、まぁそれは置いといて・・・
新年明けましておめでとうございます。

今年はついにサラリーマンとして働き始める年です。
25歳、かなり遅咲きの新社会人ですが、
仕事も何もかも、ますます気合い入れてやってくので
今年もどーぞよろしくお願いいたします。

本来、ここで今年の抱負とか書きたいのですが、
頭には「何とか論文を終わらせます」としか浮かんできません。
が、そを抱負にしてしまうと残りの350日を
一切目標がない状況で過ごすことになってしまうので、
また2週間後にゆっくり考えようと思います。


というわけで、かわりに告知をします。

ボクがすんげー尊敬してる人の一人、
スーダンで医療活動を行うNPO法人ロシナンテスの川原先生が
1月3日にテレビ(NHK総合)で紹介されるみたいです。

以下、先生からのメール。

---------------------------------------------

今年一年、大変お世話になりました。

さて、年明けの1月3日午後10時45分からのNHK総合にて
「ニューイヤーショー さだまさしが歌い、タカトシが踊る・・・
今年がんばる人々へのメッセージソング」のなかで、
さだまさしさんが、「風に立つライオン」を歌います、その中で
スーダンで活動する写真が紹介される予定です。
よろしければ、ご覧になってください。

08年も同様に頑張って生きたいと思いますので、
引き続き、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

川原尚行

---------------------------------------------

川原さんは、ボクが大好きな「風に立つライオン」という歌が
ここまで似合う人はいないっていう、超カッコいいオッサンです。

どんな感じで紹介されるのかは謎ですが、とにかく必見。

http://girgis.blog93.fc2.com/blog-entry-6.html
↑去年の3月にスーダンに行ったときのブログ記事
http://www.rocinantes.org/keii.htm
↑NPO法人ロシナンテスのウェブサイト


というわけで、現実逃避終了。
論文に戻ります。