相次ぐNPO経営者の退任に物申す

人生の流れは早いもので、今日で僕もいよいよ35歳になった。四捨五入すれば40歳なわけで、立派なオッサンに育ってしまったという明白かつ憂鬱な事実を受け入れる他ないだろう。なお、創業したNPO法人クロスフィールズも5月で6歳の誕生日を迎え、7年目のシーズンに突入している。いつの間にか僕の人生で最も長い期間身を置いている組織になったわけで、これまた何とも感慨深い。

さて、そんな35歳の誕生日に何となく書いてみたかったのは、NPO経営者のキャリアについてだ。

19665505_1387222138039408_1806459450473999830_n.jpg

今月4日、同時期に起業をした盟友である松田悠介(34歳)の壮行会が行われた。彼は認定NPO法人Teach For Japanの創業代表だった人物で、今から7年前にTeach For Americaのモデルを日本に持ち込むという無謀な挑戦に取り組み、そして大きな成果を残してきた。そんな彼が今月で代表理事のポジションを後輩に譲り、Stanford経営大学院のフルタイムExecutive MBAコースに進学して次なるチャレンジに挑むのだという。

実は彼だけでなく、実は2017年に入って、いわゆる「社会起業家」として活躍していたNPO経営者たちのキャリアチェンジが相次いでいる。

NPO法人NEWVERYの山本繁さん(39歳)は、学生時代に創業して15年間引っ張ってきた団体の理事長を退任し、大学の実務家教員としてのキャリアへと進んだ。また、NPO法人G-netの秋元祥治さん(37歳)も、同じく創業以来16年にわたって勤めてきた代表理事を退任し、今後は中小企業の支援に本腰を入れている。また、岡本拓也さん(40歳)も、認定NPO法人カタリバの常務理事とNPO法人SVP東京の代表理事のポジションを相次いで降りて次なるキャリアを模索している。

いずれの人もとても近しい距離で仕事をしていた先輩・友人であり、同時にソーシャルセクター全体を牽引してきた人物だったので、自分自身にとっても、また業界全体にとっても激震が走る出来事だった。

退任理由はそれぞれ違うし、何かを一般化することは難しいかもしれないが、今年に入って突然これだけ相次いでNPO経営者のキャリアチェンジが起きているということには、何かしらのメッセージが隠されているような気がしてならない。まだあまり整理できていないが、できるだけ客観的に、でも少し敢えて感情的にもなりながら、自分なりにこの現象に物申してみたいと思う。

まずはポジティブな側面について。

NPO経営者への新たなキャリアパスの提示
大きいのは、新たなキャリアパスを示したことだと思う。あまり知られていないが、NPOの経営者はキャリア上のゴールを描きにくく、孤独になりがちだ。株式会社の経営者であれば、バイアウトやIPOという分かりやすい出口があるし、株の持ち分もあるので転身をするきっかけを掴みやすい。それに対してNPOの経営者は明確な出口が描きにくい。もちろん生涯をかけて団体にコミットしている人も多いが、人生100年の時代に、それを全ての人に強いるのは酷だろう。その意味で、こうしたキャリアが描けると世の中に提示できたことは健全なことだったと思う。

新しい形態でのNPOのインパクト拡大
NPOの経営者が別の分野で新たな挑戦を始めることは、また違う形で社会的なインパクトを増大させることに繋がると言える。たとえばNEWVERYの山本さんはNPOで培った大学経営のノウハウを、今度は大学の内側に入り込んで活用するわけで、そのことが持つ社会的な意義は間違いなく大きいはずだ。

ソーシャルセクターの新陳代謝
最後に、ソーシャルセクターという業界全体に新陳代謝の効果をもたらす点に注目したい。変化が早いいまの時代において、いかにして次の世代へのバトンタッチを進めるかということは、どの業界にとっても、生き残りをかけた勝負になっている。この点、たとえば1970年代頃に多くの団体が誕生した国際協力NGOの業界を見てみると、創業代表の世代がかなり長い時間にわたってトップの職位にいたことで、業界としての勢いや革新性を維持することができなかったように感じる。その意味で、これだけ早い段階から業界内の新陳代謝が起き始めているということは、業界としての活力を維持する上で良いサインだと捉えられる。

一方で、無論やはり手放しには喜べないネガティブな側面もあるように思う。

バーンアウトすれすれの過酷さ
ソーシャルセクターの経営者は、その多くが一種のバーンアウトに陥りやすい環境で働いているように思う。明確なゴールや出口がわからない中で最終責任者としてシリアスなテーマに立ち向かい続けるというのは、これはなかなか過酷な旅路だった。無論、今回の一連の退任がバーンアウトによるものだったと言いたいわけではないが、この業界がもっと盛り上がっていくためには、経営者に向けた精神面でのセーフティネットの整備なども更に進めていくべきだと感じる。

変革を必要とする業界としての状況
少し話は逸れるかもしれないが、ソーシャルセクターの魅力が相対的に低下していることを感じることも最近多い。社会起業家ムーブメントが日本で起きたのは2005年頃だったといわれるが、それから既に10年以上が経過している。「刺激に満ち溢れた最先端の業界」としての価値は、いまはテクノロジーの世界やIPOが活況なベンチャーの世界に比べると乏しい印象が否めない。その意味では、ソーシャルセクターにも何かしらの変化が求められているわけで、今回の一連の退任は、ある意味ではそうした状況を反映した出来事だったようにも感じる。

同志としての単純な寂しさ
そして最後に、やはり一緒に業界を引っ張ってきた戦友たちが第一線から退くというのは、精神的にとても寂しい。まだまだ「社会を変えた」と胸を張って言い合える状況にはなっていない中では、もっともっと一緒にこのセクター引っ張っていきたかったというのが個人的な想いではある。

以上、非常に勝手気ままな見方ではあるが、相次ぐNPO経営者の退任に対して自分が考えたことを吐き出してみた。

自分自身としては、まだまだ自団体クロスフィールズの活動と日本のソーシャルセクターの発展とにコミットし続ける強い気持ちがある。そして、そういう風に日本のソーシャルセクターに留まって頑張る人材は、本当に沢山いる。大事なのは、今回キャリアチャンジをした人たちに刺激を受けつつ、そうした人材がそれぞれの持ち場で圧倒的な結果を出していくことだと思う。

僕個人としては、素晴らしい西海岸の環境でノウノウと勉強しているような人間には、成長スピードや社会に出している価値では決して負けてはならないと、心に決めた。35歳の1年間も、そんな気概で、一日一日を過ごしていこうと思う。

というわけで、松田悠介はせいぜい頑張ってきやがれ。
(そんな彼がStanfordでの日々を綴っているブログはこちらから)

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

※ 当記事はNPO法人クロスフィールズ代表小沼の個人的著述です。
※ 2016年9月2日(金)に初の著書が発売になりました。
   『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)
    ☆ Amazonランキング キャリアデザイン部門ベストセラー1位を獲得
    ☆ ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 年間17位
スポンサーサイト

「他組織とのつながり」で社会を変える時代に突入した(気がする)

怒涛の6月が終わった。

今月は自団体のキックオフ合宿に始まって、様々な講演やらイベントも多く、とにかく慌ただしかった。週末にも出張や泊りがけのイベントが入っていることが多く、ほぼ休みなく1ヶ月を過ごした感じだ。でも、疲れはしたけれど、非常に収穫の多い充実した1ヶ月だったと思う。

今月、僕は以下の3つの外部イベントに参加した。

「avpn conference 2017」 (@バンコク、6/7-9)
世界中のImpact Investor約800人が一同に会して知見を共有するイベント
https://2017.avpn.asia/

18893435_10155369761290477_6483583540965156888_n.jpg

18951493_10155369761305477_5470689016124341536_n.jpg

「新公益連盟ソーシャルビジネス経営者合宿」 (@湯河原、6/16-17)
日本のソーシャルビジネスの経営者約80人が学びを共有し合いながら切磋琢磨する場
http://www1.shinkoren.org/

19221804_1586894061384208_2708941945309864104_o.jpg

「G1新世代リーダー・サミット」 (@軽井沢、6/23-25)
40歳以下の各界リーダー120人が日本と世界を良くするための議論を行う場
http://g1summit.com/g1u-40/

19397106_10155426378000477_7579138389587191344_n.jpg

19264687_10155426378090477_862505195280066370_o.jpg


こういうことを紹介すると、「遊んでばかりいないで、しっかり仕事せぇや」とか思う人が多いかもしれない。正直なところ、僕も創業した当初などは、こういうイベントに出る経営者を「ちゃんと本業に時間使えよ」とか「あーあ、ネットワーキングばっかしちゃってさ。いい気なもんだ」などと思っていた。

でも、それは大きな間違いだったと思うし、これからの時代は経営をする上でますます「他組織とのつながり」が大事になるように感じ始めている。

いまNPOの世界を中心に、”Collective Impact”という言葉が盛んに叫ばれている。これは、自団体だけで課題解決をするのではなく、様々な関係者たちが共通の課題と目的指標を設定し、様々な組織がCollective(集合的/共同的)に課題を解決していくという考え方だ。社会課題が複雑化・高度化するなかで、単一の団体が規模を拡大して課題解決を行うことが難しくなってきていることから、このCollective Impactの考え方が注目を集めているというわけだ。

こういう考え方が経営の根幹に位置づけられると、経営者の仕事は思いきり変わってくる。

自団体での事業を成長させることは当然のように大切ではあるが、世の中がいったいどんな方向に向かっていて、他の組織がどんな動きをしているかを見極め、どことどのような組み方をすると課題解決が加速するのかを常に考えておくことが、経営者としての大切な仕事になる。そして、同業界なのか他業界なのかには関係なく、自組織が対峙する課題にかかわるエコシステムのなかでゆるやかな信頼関係を築いておくことは、経営者として決して避けられない重要な活動になってくる。

無論、単純に業界の有名人と名刺交換をするようなネットワーキングには意味はない。解決するべきと考えている課題を発信・共有し合い、それぞれが知恵やリソースを出し合いながら前向きな議論を行わなければ、全く意味のない集まりになってしまう。

実は今回参加した3つのイベントとも、そのあたりの工夫がすごくされていて、共通の思考・意図を持つ人たちが出会い協働することを後押しする仕掛けや、逆に異分野の人たちが共通のテーマに対して議論を深める場などが上手く用意されていた。(それぞれのイベントの運営者には感謝とともに心からの敬意を表したい!)

こうした運営側の工夫によって沢山のserendipityが起き、多くの素晴らしい活動が生まれていくのだ。実際クロスフィールズとしても、既存事業の延長線上にはない活動を行う必要性に気付くことがいくつもあったし、新たな事業を行う上で鍵となりそうな協働相手を見つけ、そうした相手と夜通し語り合いながら信頼関係を築くこともできた。

まだまだ何も起こせていないので偉そうなことは言えないものの、これからの時代はきっと様々な組織が手を取り合いながら社会を変えていく時代になってくる。そうした時代においては、いかにして「意義あるつながり」を持つことができるかによって、その組織がどれだけのインパクトを世の中に与えるかどうかを決めるようになると思うのだ。

とは言うものの、いくらなんでも月3回は多すぎるなのだけどね。疲れるし。
今月はなぜこんなに重なったんだろう…

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

※ 当記事はNPO法人クロスフィールズ代表小沼の個人的著述です。
※ 2016年9月2日(金)に初の著書が発売になりました。
   『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)
    ☆ Amazonランキング キャリアデザイン部門ベストセラー1位を獲得
    ☆ ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 年間17位

創業6周年の記念日を迎えて

IMG_0028.jpg

2017年5月3日。

今朝、何人かのチームメンバーから「おめでとうございます」というメールが届いた。何のことかと一瞬思いを巡らせていたが、思えば今日はクロスフィールズの創業6周年の記念日だった。

過去5回の創業記念日を迎えていわけだが、あまりにも目まぐるしい日々を過ごしていたからか、はたまたゴールデンウィーク中に過ぎ去ってしまうからか、これまで当日にそのことを意識して過ごしたことは一度もなかった。

2011年5月3日。震災の混乱も冷めやらぬ頃、僕は松島由佳とともに、当時広尾にあったJICA地球ひろばの会議室でクロスフィールズの活動を開始した。あれから6年が経った。あっという間だった気もするし、恐ろしく長かった気もするが、間違いなく、これまでの人生の中で最も濃密な時間を過ごした。

創業7年目を迎えるにあたり、いまチームでは新しい中期計画を練り上げている。事業の方向性を大きく発展させ、これまで掲げてきた団体のミッションも改定する予定だ。特にこの2年間は組織体制にも色々な変化があった。卒業して新しい道を進む仲間たちもいれば、新たに経営幹部となって団体の活動にコミットしてくれている仲間もいる。様々な変化を経験しながら、チームとしては確かな成長を実感している。

中期計画の議論のプロセスで、恩師であるETIC.の宮城治男さんに経営幹部3人でアドバイスを聞きに行った。創業以来の僕たちのメチャクチャな旅路を知っている宮城さんは、色々なアドバイスをくださったあと、こんなことをおっしゃった。

「いまこうして3人と未来に向けた話ができていて、それだけで僕は幸せを感じてますよ」

拍子抜けするような言葉でもあったが、まったくその通りだ。松島と2人で始めた挑戦を、いまもこうして松島とともに続けられていることは、奇跡のようなことだ。そして、いまや多くの仲間が集まるチームになっている。その仲間たちとともに、「来年からどんなことをやっていこう」とあーでもないこーでもないと話をできているということは、この上ない幸せじゃないか。

もちろん、いまこの瞬間も「オエッ」と吐きたくなってしまうような課題をいくつも抱えている(笑)。でも、そんな課題に向き合ってでも前に進みたいと思えるだけの情熱やわくわく感が、明確にここにある。その幸せに感謝しながら、これからも感動とワクワク感をエネルギーにしながら、創業7年目の毎日を力強く歩んでいきたいと今日この日に改めて誓いたい。

2017年5月3日
小沼大地

追記;
なお、そんな創業7年目を迎えるクロスフィールズでは、5月15日を募集締切としてチームメンバーを募集しています。これからますます熱い季節を迎えるクロスフィールズに、ぜひジョインしませんか?(5/10には採用説明会もします)
★採用情報
http://crossfields.jp/aboutus/recruit/
★職員インタビュー
http://drive.media/posts/16147

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

※ 当記事はNPO法人クロスフィールズ代表小沼の個人的著述です。
※ 2016年9月2日(金)に初の著書が発売になりました。
   『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)
    ☆ Amazonランキング キャリアデザイン部門ベストセラー1位を獲得
    ☆ ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 年間17位

若い世代の国際協力離れと、この世界の片隅でいま起きていること

最近なんとなく感じていることを、ちょっとだけ書いてみたい。

仕事柄、僕は講演をさせて頂く機会がそれなりにあり、最近は大学生・高校生を対象としたものも多かった。で、その聴衆の数や反応などから、国際情勢や国際協力の分野に対する関心が急速に薄まっているなぁという、そんな危機感を感じている。(まぁ、僕の人気がなかったり、話がつまらないというだけかもしれないけど...)

ちょっと前までは、「こいつは面白いヤツだな」とか「将来デカいことやりそうだなぁ」と思うような学生が国際協力の分野にもすごく多かった。

でも、最近は感度の高そうな学生たちは社会貢献の分野を敬遠していて、テクノロジーやインターネットの分野で新しい産業を起こすことに関心を持っていることが多い気がする。また、社会貢献に関心がある層も、興味を持つキーワードは「地方」「ローカル」「復興」などが多く、国際的な領域に関心のある層は、質・量ともに下降傾向だと思う。

もちろん、テクノロジーや地方に目を向ける若い世代を否定するつもりはない。でも、結果的に国際的な活動に目を向ける若い世代が減ってしまうことには、なんとも言えない怖さを感じている。これからの未来をつくるのは当然ながら若い世代なわけで、そうした世代が世界にも視野を広げられていることは、健全な未来をつくる上で不可欠なことだと僕は思うからだ。

世界に目を向ければ、いまこの瞬間にも、いてもたってもいられなくなるようなことは沢山起きている。

たとえば僕が住んでいたシリアという国では、紛争状態が始まって6年目を迎えている。定期的に連絡を取っている友人によれば、あらゆる状況が悪化を続けている。生活はどんどん苦しくなっていて、日用品を手に入れるのも難しくなっている。石油などは闇市場で平時の10倍以上の値段がついていて、寒い冬を越すのは厳しい状況だ。最近は断水も多く、水は配給に頼るようになっているそうだ。また、男性たちは軍からの突然の徴兵が怖くてなかなか外を出歩けない。そんな最低な状況だ。

2016年、日本では映画『この世界の片隅に』が大ヒットした。広島県の呉市を舞台に、戦争で翻弄される人々の生活の有り様を丁寧に描いた、メッセージ性の強い素晴らしい映画だ。きっと多くの日本人が、映画に涙しながら「やはり戦争は恐ろしい」「日本人もああした暗い過去を持っていて、二度と繰り返してはならない」といった感想を持ったはずだ。

でも、僕があの映画を観て真っ先に想起したのは、シリアで暮らす友人たちのことだ。きっとシリアには、今日この1日を、あの映画に描かれているような壮絶な状況のなかで過ごしている普通の人たちが沢山いる。映画で描かれているのは「日本という国で昔に起きた話」や、「未来にまた起こってしまうかもしれない恐ろしい話」ではなく、「この世界の片隅で、いま現実に起きている話」だと思えてならなかった。

シリアの話は、1つの例でしかない。世界を見渡せば、グローバル化した社会のなかで、今日一日を様々な形で生活を送っている人たちがいる。そうした情景に対して想像力を持つことの人がどれだけいるかが、日本と世界とが、過去に起きた悲劇を繰り返さないためには決定的に大切だと僕は思う。それこそが、急速に内向き化を進める世界に対してあらがう唯一の手段ではないだろうか。

テクノロジーがこれだけ進化しても、残念ながら、世界はちっとも良くなっていない。
「この世界の片隅」にも興味を持ってくれる人が増えて欲しいと、切に思う。

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

※ 当記事はNPO法人クロスフィールズ代表小沼の個人的著述です。
※ 2016年9月2日(金)に初の著書が発売になりました。
   『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)
    ☆ Amazonランキング キャリアデザイン部門ベストセラー1位を獲得
    ☆ ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 年間17位

大いなる危機感と2017年の誓い

IMG_0075.jpg

もはや1年の12分の1が過ぎようとしているものの、毎年欠かさず書いていることもあり、恥を偲んで、今更ながら2016年の振り返りと今年の目標を書いてみたいと思う。(年末年始に納得いく文章が書けないまま、ダラダラと時間が過ぎた次第です…)

2016年は、実にいろいろなことが起きた年だった。

愛する広島カープが25年ぶりに優勝して狂喜乱舞してみたり、トランプ大統領の誕生に大きなショックを受けたり。また、個人としては、尊敬していた祖父が亡くなったり、第2子が生まれるという大きな人生での出来事もあった。8月には経営者として1ヵ月間の育休を取るなど、本当に色々なことを経験した年だった。

そして、経営するクロスフィールズについて言えば、2016年は創業5周年を迎えた年だった。

この節目の年に、基幹事業である留職プログラムは導入企業が30社を超え、参加者数は大台である100人を突破した。まだまだ小さな規模だが、創業期は松島とたった2人だった組織は、15人の仲間たちが常勤で働く組織になった。

2016年はメディア露出の多い年でもあった。NHK World「RISING」テレビ東京「ガイアの夜明け」で留職の特集をして頂き、朝日新聞にも一面にデカデカと取り上げて頂いた。ハーバード・ビジネス・レビューでは僭越にも「未来をつくるU-40経営者」の20人にも選んで頂いた。

また、創業ストーリーと事業にかける想いを綴った初めての著書も、3年間以上にわたる構想期間と血の滲むような執筆期間を経て、無事に世に送り出すことができた。そして、嬉しいことに、ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書の年間17位にも選ばれるなど、多くの反響をもらうことができた。

と、こうして書いてみると、いかにも順風満帆に見えるかもしれない。

「大活躍ですね!」
「乗りに乗ってますねー!」

実際、多くの人たちからそんな言葉をかけて頂く。たしかに、外から見ればそう見えるだろうと思うし、実際、事業が加速することを目指して、敢えてそんな風に見えるように体外的なコミュニケーションを図ってきたという面もある。

でも、内実は全然違う。

留職の事業は、いま正念場を迎えている。留職が事業モデルとして成立するということは、曲がりなりにもこの5年間で証明できた。だがコンセプトの真新しさで受けていた時代は終わりを迎え、本質的な価値のあるプログラムなのかどうかが、いままさに問われ始めている。

パートナー企業と派遣先団体からの高い期待値に応え続けていかない限り僕たちの事業は決して続いていかないという、そんな厳しい事実を日々嫌というほど突き付けられている。正直、今年どれくらい事業面での成長が見込めるかは、まだ確信が持てていない。昨年メディア攻勢を仕掛けたのは、そうした危機感の裏返しでもあった。

それに、このまま留職の活動を拡大していけば理想の未来がやってくるかというと、胸を張ってYESと言えない自分たちがいる。無論これまでの活動には大いなる意義があったと思っているが、目指すべき到達点を考えれば、まだまだ自分たちにはやるべきことが沢山あると痛感している。進めば進むほど問題の根深さが分かってきて、ここからの道のりの険しさに目眩がするような感覚だ。

また、2016年は組織面でも潮目が変わった年だった。創業期を支えてくれた4人のメンバーが卒業し、新たに5人のメンバーが組織に加入した。また、内的外的な要因から2回にわたる組織体制の大幅な変更も経験することとなり、組織内のダイナミクスには地殻変動的な変化があった。ここ数年ずっと感じていることではあるものの、この過程では、自分自身のマネジメント能力の限界にも痛いほどに向き合った。

事業面でも組織面でも、まさに正念場を迎えた年だった。なんというか、まるで創業期に戻ったような、この先どうなっていくか分からないという感覚を感じながら、そんななかで何とかして踏み留まったような感覚だ。(大変だった分、人間として一回りくらいは成長できたようにも思うけれど…)


そして迎えた2017年。

クロスフィールズでは、毎年恒例の行事として、働きはじめの日に初詣に行き、絵馬に各自が選んだ漢字を書くというイベントをする。今年は調子に乗ってみんなで書き初めもした。

IMG_0082.jpg

僕が選んだ今年の漢字は、「攻」。(ちなみに去年は「変」と「陰」だった)

Daichi_Cross Fields New Year Kick-Off


事業面でも、組織面でも、現状を否定して新しいことに挑戦し、様々なことを試したい。失敗してでも、前に進む意識を持ちたい。外的要因によって「変わらざるを得ない」というなかで迎える変化では、力が弱い。そうではなく、未来を見据えて、自分たちが起こしたい変化を起こすために、内なる変化を主体的に生み出すというのが、今年やりたいことだ。

事業面では、まずもって、クロスフィールズが掲げるビジョンとミッションを改めて定義し直したい。そして、留職の事業をもう1段階進化させるとともに、「留職のクロスフィールズ」をいい意味で脱却すべく、新たな事業も本格的な展開を始めたい。

組織面でも、いまいるメンバーたちの力を結集して「より良いチーム」をつくるための活動をどんどん仕掛けていきたい。働く仲間たちが成長を実感しながら自律的に動くことができる環境を整備していきたいし、研修その他の長期的な投資にも踏み切りたい。また、クロスフィールズならではの人事制度も色々と考えてみたい。

そんな主体的な変化への挑戦の気持ちを、「攻」という漢字に表現したつもりだ。

2017年の暮れには、「今年は攻めたなぁ」と言える年にすることを、ここに誓いたいと思う。

Cross Fields New Year Kick-Off_v2

NPO法人クロスフィールズ
小沼大地(@daichi0715

※ 当記事はNPO法人クロスフィールズ代表小沼の個人的著述です。
※ 2016年9月2日(金)に初の著書が発売になりました。
   『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)
    ☆ Amazonランキング キャリアデザイン部門ベストセラー1位を獲得
    ☆ ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 年間17位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。